Screenprint Originalprint 顔文字Tシャツ

貧乏招くスパイラル

貧乏招くスパイラル

〓貧乏招くスパイラル 「片付けられない」を侮るな〓
実は片付けとお金の使い方には密接な関係があります。

私が家計再生の相談を数多く手掛けてきた経験上、
部屋が汚くお金がたまらない人に多くみられる負のスパイラルがあるのです。

「片付けができない=モノが多い」→「既に持っているモノを大事にせず、
重複して買ってしまいがち」→「出費が多くなる」→「お金を大切にできない」
という悪循環で、いったん陥るとなかなか抜け出すきっかけがつかめません。

片付けられないことが無駄遣いにつながる例は食品や日用品でもよく見かけます。

安いときに良かれと思って買いだめするものの、ストックや整理の仕方が雑だと
家の中はいつ使うかわからないものでいっぱいになり、片付かなくなっていくのです。

モノというのは、お金が形を変えたものです。そしてお金には、その人がどんな
生活をしているかが表れます、お金のやりくりを本当に改善したいと思うなら生活
そのもの、もっと具体的にいうと部屋の片付けなどにも気を配れなければ成果は
望めない――というのが貧乏招くスパイラルの考え方です。

こうしたことはモノや部屋だけでなく、財布の管理でも同じことがいえます。

財布の中が使いやすく整っていて、不要なものはこまめに処分し、
よく使うものだけを入れている人はお金の管理や使い方も上手なことが多いのです。

逆に「いつか使うかも」と思って残しておいた割引券が有効期限切れになっても
いつまでも入っていたり、めったに行かない店のポイントカード
をたくさん詰め込んでいたりする財布を持つ人は、実は「お得」なメリットも
受けられないばかりか、お金の管理がきちんとできず財布にいくら入っているのかさえ
分からない人であることが多いのです。

はまず持っているものを「消費・浪費・投資」に分けること「必ず使うもの=消費」
「使わないかもしれないけど、どうしても取っておきたいもの=浪費」
「売ったりして今後価値が出そうなもの、役に立ちそうなもの=投資」
ととらえてもらいました。

「投資」にあたると判断した洋服やバッグは
リサイクルショップに持ち込み、売れたお金は貯金に回しました。

コメント


認証コード7330

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional